光運寺ホームページ    
トップページ縁起と歴史年中行事地図アクセスお問い合わせFacebook

<光運寺の縁起のつづき>

国宝『法然上人行状絵図』には光運寺の開山上人である明観上人のことが記されています。
天台僧でありながら法然上人の浄土教に帰依をした、聖覚上人の存在が光運寺の起源といえます。

『法然上人行状絵図』第十七巻によりますと、

天竺・震旦・我朝三国の間に、多くの人師念仏の勧化をいたすといえども、
未だ夢の中の勧化を聞かず。この法印(聖覚上人)の勧化、誠に珍しくも尊くも侍るかな。


とあります。

聖覚上人の想念が夢となり、明円・明心・明観が起こした奇跡が、
尊乗寺(光運寺の前身)という念仏道場になったといえます。




 
     
copyright c 2005-2012 Kounji All rights reserved.
〒510-0082 三重県四日市市中部3−12 TEL 059−352−3042